元美術作家の水彩画、つぶやき、日記etc
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
page top
必死、必ず生きるなり
必死必ず生きるなり

だったか

必死それすなわち生きるなり

だったか、武士の一分で緒形拳がいってました。
これは、自分に当てはめた時、非常にしっくりくるものがあります。求めているうちは得られない、心の底からもうどっちでもいいよ、という時に気づいたら手に入っていた感じがします。

だからなにか結果を得ようとした時、心の底からいらないと思えた時に限って手に入ります。そしてそれは、その人間がこれ以上高みに登らないようにするための巧妙なワナであると考えてしまいます。それで必死を辞めてしまうからです。

だからこの理論からいうとお金が心からいらないと思えたら、お金が集まってきそうですよね、この理論は普通はなかなか到達できない高みにあると思いますが、たぶん当たってそうな気がします。
       
スポンサーサイト
© Kaiの画家的生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。