元美術作家の水彩画、つぶやき、日記etc
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       
page top
震災
17日は阪神大震災が発生した日であったということで

イロイロと関連の番組がやっていました。

日曜日であったことと15周年であったこと

そしてなにより自分が無職でヒマだったことに

震災について知る大変いい機会となりました。


たまたま今の自分は

「自分のよりどころ」

というテーマについてずっと思案を続けておりました、

それで今の自分にはよりどころ、心を癒す場所、方法とでもいいましょうか?
そういうものがないなと日々考えていたのです。

もうかれこれ数年ないな~と感じております。

人生とはよりどころを探す旅であるかと考えていました。
よりどころさえあれば自然と頑張れたりするものです、人ってやつは・・・

僕にもよりどころがあるときはそうでした。

それで17日ぼけーっとテレビなんかつけていると

震災の映像です、、、、

するとふと思ったのです、

犠牲になった方たちは、他でもない自分のよりどころ

頑張って築いてきたよりどころによっておしつぶされ

亡くなったのではないか?

というとんでもない不健全な考えが頭を支配しました。

同時に何ももたざるもの

ホームレスの方たちはどうしていたかなと想像をしてみました。

それはそれは元から少ないに荷物で生活してこられてい方々に
なくすものは少なかったでしょう。

亡くす家族はおらず

亡くすお金もなく

そして震災後も普段と変わらぬ足取りで

別の街に移動を始めたのだと想像します。

何も持たぬものを神様は生かしたのではないか?
なんとなくそんな気さえするのです。



地震はなぜ起きたのでしょう

なぜ生き残った人と 亡くなった方がいるのでしょう

なぜこのように突発的に大量に人が亡くなるということが起こるのか

そしてなぜそのことを分かる知力が備わっている生命体が地球にいるのか

地震の時、人間の何倍もの命がなくなったことでしょう。

しかし彼らは追悼などはやっていません。

なぜ人だけが、、、、



当事者でないだけに

へんなことをイロイロ考えてしまった罪な一日でした。

スポンサーサイト
       

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© Kaiの画家的生活. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。